2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.05 (Mon)

それぞれのらしさ

2011-09-05-1.jpg
とろろさん用のベッドを占領しているえにょさん。
文句を言わずに隣で寝ているとろろさん。
両方とも、それぞれ“らしさ”が現れているヒトコマでした。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
モチっとな


とろろについて

【More・・・】

とろろの状況について、記録として残しておこうと思います。

とろろですが、週末に違う病院への通院の結果、今の状況は膝蓋骨脱臼(しているのは確か)が主因とは違う可能性が出てきました。

膝蓋骨脱臼は、元々その症状をもって過ごしてきている状態であると思われるので、現在後ろ足の状態が悪くなったのは他に原因が考えられること。そして、後ろ両足に腫れが認められること、前足の伸びも完全にはまっすぐならないことがわかりました。
何より、血液検査の結果、CRPが測定オーバーという高い値を出して炎症が強いことがわかりました。(膝蓋骨脱臼や普通の関節炎ではこれほど高くなることはまずない)
※体内に炎症が起きたり、組織の一部が壊れたりした場合、血液中に蛋白質の一種であるC-リアクディブ・プロテイン(CRP)が現われるため、数値が上がる

病名として多発性関節炎の可能性が考えられると言われました。確定診断は、リウマチ因子や蛋白分画を外部に出して調べることと関節液を抜いてみないとできないとのことで、来週以降にはっきりすると思いますが、膝蓋骨脱臼ならばなぜ今、急激に悪くなったのか…という疑問はもっていたので、違う病気という可能性になるほど、と思っているところです。

2011-09-05-3.jpg
昨日のとろろの写真。
前足の曲がりがわかります。

フローリングだと、立たせてもすぐにおしりをついてしまいます。(普段は絨毯の敷いてある部屋で過ごしています)




多発性関節炎は痛みがあると言われたのですが、とろろは痛がって鳴くなどの様子をみせたことがありません。病院の先生にも足を触診しながら“痛かったら痛いと言っていいんだよ”と言われてしまいました。
痛み止めを飲むと動くようになるのは、やっぱり、痛いのを我慢しているからなんでしょうね。
足の腫れなどにも気づけず…ごめんね、とろろ。

検査結果がでるまでは、痛み止めのお薬を飲んで少しでも楽に過ごせるようにしています。


にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
モチっとな




テーマ : 犬猫のいる生活 - ジャンル : ペット

21:35  |  とろろ兄さん
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。